Omum -オマム

世界中の出産や育児を14か月間かけて見て周った創設者のMarie-Pascaleがその経験を活かし、
立ち上げたブランドです。Omumの製品には、以下のようなこだわりがあります。

1. 特化したケア
妊娠期は、ホルモンバランスが変化します。腹部が膨らみ始める時期に、水分や保湿不足に
陥ってしまうとストレッチマーク(妊娠線)が現れる可能性がでてきます。そこで、気を付けたい点が
"最大限の保湿ストレッチマークの予防"です。
Omumでは、ストレッチマークを予防するケアグッズなどを取り扱っています。

2.常にBIO(有機)素材を増やす
5種類あるOmumの製品は、(平均値として)
* 全成分の98% がナチュラル素材を使用
*全成分の83% が有機農業(A.B.;Agriculture Biologique)で育てられている となっています。
ビタミンEなどいくつかの成分は、オーガニック認証を受けていませんが、有機農業で作り出すことが実質的に
不可能と言われています。
その為、Omumではこれらの成分がナチュラルで、GMO(遺伝子組み換えでない)と認定された物を使用
するようにしています。継続的な改善を視野に入れ、研究開発チームは、100%オーガニック素材に
近づけるようA.B.を追求し続けているのです。


3. 基本的な安全性
Omumは、ママと赤ちゃんの繋がりが多数あること(血液・皮膚など)を理解しており、最大限の
安全性を保証するべく、製品に以下のようなこだわりを持っています。
・オーガニックコスメでよく香料として使われるエッセンシャルオイル(精油)の不使用
・皮膚科学に基づいた実験を実施
・化学的な添加物やアルコール、防腐剤の不使用。5製品のうち4製品には保存料も使用していません。
・パームオイル(やしの実油)の不使用





*水は、化粧品配合物の中で細菌による汚染に最も敏感な成分です。その為、保存料を使う場合が多いのですが、Omumの製品は水を使用しておらず、その保存料を摂取するリスクがありません。


4. グローバルコミットメントと要求
Omumのコスメは、プレママにも安心してお使い頂けるようオーガニックコスメの中でも
一際取得基準の厳しい"Nature and Progrès(ナチュールエプログレ)"を取得しています。

マタニティー製品の中でも革新的でBIO素材にこだわっている他、環境保護や社会・経済的な面にも
配慮しています。
・伝統的・オリジナルの生産方法の取り入れ、半職人技を駆使した(バターやオイルにおける
低温製法)を好んで取り入れています。
・製品はフランス製。余計な梱包はしていません。
・リサイクル可能な素材(ガラス・アルミ等)でパッケージングし、印刷は、"グリーン&ペーパー"で
100%PEFC認証の手法を実施。


5.心地よいケア
Omumの製品は、ママ・プレママが心地よく過ごしたり、使用できるよう開発されています。
製品には、100%天然の芳香成分としてアーモンドとバニラを用いており、匂いに敏感になりがちな
プレママにも安心してお使い頂ける商品となっています。


6.フルリンクさせる感情
タッチ(触れること)は、2つの感情を結びつけてくれます。
手を使って優しくケアすることで、赤ちゃんとママ&パパの距離をより近いものにしてくれます。
Omumの提唱するコクーン式は、Eric Girardot(エリック·ジラルド)氏を始めとする
マッサージ&ウェルネスの専門家と共に開発されました。
ジラルド氏は、Haptothérapeute(ハプトノミー:お腹に手を当て、生まれる前から赤ちゃんと
コミュニケーションを図ろうとするケア)の専門家です。
そのケアによりフランス・シャンパーニュクリニックにある彼のキャビンで多くのカップルをサポート
(haptonomyに
よる出産前後のケア)している他、パリにあるマッサージ&ウェルネス連盟のメンバーとディレクターを
務めています。


7.豊富な経験とサポート
経験豊富なチャイルドケアの専門家やプレママ、出産にかかわる方に協力してもらい、
貴重なアドバイスをもらいつつ、開発を継続しています。


Omumは妊娠というユニークな体験において、製品やコミュニケーションを通じて
親子の絆を深まることを望んでいます。






5 のアイテムのうち 1 - 5  を表示しています
5 のアイテムのうち 1 - 5  を表示しています

カテゴリー

皆さんこんにちは、
Swissecoshop.asiaです。
当ショップでは、日本ではまだ知られていないブランドや未発売の本格的なオーガニックコスメをご紹介・販売しております。

ブログはコチラからどうぞ ↓
オーガニックコスメ・Ecoライフ in スイス

個人ブログはコチラからどうぞ ↓
http://ameblo.jp/barcelonaterapeuta/